白玉温泉の歴史


先代は、夢を追って石川県から裸一貫大阪に出てきて、銭湯経営を学ぶため奉公人として働き始めました。

昭和38年に白玉湯(現ユートピア白玉温泉)を譲り受け創業開始、その間に2度の新築建て替えを経て現在に至りました。

苦難を乗り越え借金返済、利益のほとんどを銭湯に投資して、贅沢する事もなく銭湯一筋な人間でした。

そんな先代の背中を見ながら育った幼少期の思い出は、銭湯は遊ぶところ勘違いして暴れまくったことです。


先代社長

現社長の幼少期



下の写真は、一度目の新築当時の浴室の写真です。

 左が女湯で、右が男湯です。タイル壁面には、当時流行していた銭湯絵が描かれています。

当時の女湯


当時の男湯



最後の写真は、40年前の駐車場です。

現在のユートピア白玉温泉の、女湯スペース部分は当時駐車場でした

令和の今とさほど変わらぬ月極駐車代に驚きますl

そして、奥にある廃材の山に注目して頂きたいです!

燃料費を削減して借金返済に充てがうために、家族総出で整理整頓し、積み上げた廃材です、釜焚きに明け暮れた時の宝の山です。

この風景こそ原点であり、後継者に継承されることを望みます。

2代目社長 北出守

当時の駐車場